E-Airticket

航空券をどこにしまうのか

旅行をするのに飛行機を使う機会が多くなりました。昔は時間に追われるビジネスマンが多かったのですが、今は帰省で子供を連れた家族から、お年寄りの団体旅行や連休を利用した熟年夫婦までさまざまです。
小学校の低学年が一人で乗るケースなども見かけられます。空港まで親が連れてきてスチュアーデスに頼んで、到着する空港におじぃちゃん・おばあちゃんが迎えにきて出迎えるといったものです。何せ、飛行機は乗ってしまえば迷子になることはありませんし、短時間の飛行ですから子供の一人旅でも安心なのです。
このように一般的な乗り物になりましたので、航空券をどこにしまっておくかも様々です。
乗り慣れているサラリーマンは、乗船の時に取り出しやすいように胸のポケットに差しているのが多く、乗船してから座席の番号を確認するのにも便利です。乗り慣れていないお年寄りなどは、財布の中や内ポケットにしまい込んでいる人もおります。飛行機の乗船アナウンスは15分前くらいにありますので、案内があればそれぞれ航空券を取りだす動作が一斉に行われ、片手に持って立ち上がる風景が空港らしさです。
いずれにしても、座席が指定のため確認をするのに手に持って乗りこみ、座ってしまえば座席前のポケットなどに入れておきます。