E-Airticket

航空券を無くすとどうなるのか。

飛行機に乗る場合、航空券がないと乗ることができません。もし、紛失してしまったならば、航空会社にまず相談しなければなりませんので、連絡を行い、その旨を伝えます。航空券を購入する際、本人についての情報を登録しているので、その検索作業に入ることとなります。
そして、本人が購入していたことが分かった場合、無くしてしまったチケットが有効なチケットであれば、代替チケットを発券する音になります。しかし、本人が購入したことが確認できなければ、新たにチケットの購入することになります。
なお、代替チケットを発行する手数料には、請求料がありますので、支払うこととなります。また、補償同意書の書類の記入したものを提出することになります。
万が一、無くなったチケットを発見した場合、搭乗日から1年と30日以内のものであれば、チケットと補償同意書を、空港会社に提出を行い、定期性であるかどうかの審査を行い、有効なものであれば、指定の手数料を差し引いた運賃額が払い戻されることになります。
また、クレジットでチケットを購入していたのであれば、使用したクレジットカードが必要となります。航空券を無くしてしまうと、あとあと面倒なことになるので、無くさないようにしたいものです。
出張に使える国内の格安航空券の予約ならこちらのサイトはおすすめできるサイトです。国内の航空会社のチケットを横断検索できるので時間も選べて最安値が探せます。

航空券に書いてある意外な事実

「航空」券は「搭乗券」とは違う飛行機乗る権利の証券である。
航空券には区間や座席等級が記載されていますが搭乗日や座席番号は記載されていません。
予約やチェックインをしてこの航空券を提示することによって搭乗券が発行されますが、この発行された搭乗券に記載されます。飛行機に乗る時自動改札機に通す券が搭乗券です。この2枚の券を混同される方も多いようですが両者は明確に違います。少し硬い言い方かもしれませんが「航空」券は有価証券的なものです。それに対して搭乗券は「航空」券によって得られた成果物です。最近ではこの2枚を合体させた券もあります。そのためテレビ番組で見られるハワイ旅行往復券プレゼント当選者が仮にそれを獲得してすぐに飛行機に乗れるわけではないのです。獲得した航空券で予約等の手続のプロセスを踏んで初めて飛行機でご出発なのです。い方を変えるとその券は有効期間内なら使用できるのです。券には飛行機の便などの指定がされていませんので、有効期限までに都合のいい時に使用すればいいわけです。解かる方なら新幹線の回数券とよく似ているとお考えください。新幹線回数券も乗車までに列車と席指定を受けて乗車しますので使いかたとしては同じです。ただし、飛行機には自由席や立ち席はありません、念のため。

口コミから旅行を探すならフォートラベル
多数の口コミやみんなの旅行記が掲載されているフォートラベルは体験談から旅行のプランをイメージできるのでどこに行きたいか決まっていない場合にはお勧めです。